故人の所有していたものを相続すると相続税がかかります。

相続税の基本

故人が所有していたもので金銭として計算可能なものが相続課税対象です。

相続には故人が亡くなったことでもらうことができた財産と、故人の死亡日からさかのぼること3年以内に財産を贈与されたものが含まれます。

大きく分けて相続課税対象財産は以下の3種に分類されます。

相続財産の種類

相続財産

故人が所有していた不動産、預貯金、有価証券、または車や美術品、特許権、営業権など

みなし財産

故人が亡くなることにより得ることができた生命保険や死亡退職金、年金受給権など

贈与財産

故人の死亡日からさかのぼること3年以内に贈与された財産

相続のルール

相続するものは負の財産も相続しなければならない。

つまりプラスの財産とマイナスの財産があった場合プラスの財産だけを相続することは認められない。
例えば、不動産と借金が残された場合、相続するものは不動産と借金の両方を相続する必要があるということ。

しかし借金など負の財産が多い場合は相続放棄も選択できる。
被相続人の死後、債務額が不明な場合はプラス財産内で限定して返済できる金額だけを返済する限定承認という方法もある。

非課税財産

奨学金、障がい者が受け取る財産、離婚による財産分与、非課税限度枠の財産など


にほんブログ村
冠婚葬祭の情報がいっぱいです