日本で散骨を選ぶ方は少ないです。

しかし、自然葬は一般的な方法な国もあります。

実際に日本でもあえて骨壷に入れず遺灰を袋に入れただけの状態で墓に納め、何年もかけて土に帰すという方法をとる地方、宗派もあります。

結局、これも散骨と内容としてはあまり変わらないとも言えるでしょう。

実は日本でも遺骨・遺灰を撒くという自然葬は節度があればという限定つきで認められています。

自然葬は海洋葬を希望される人が多いです。

やはり、海という生命の起源に帰るというのは理にかなっているように思えます。

Sea

『千の風になって』という歌をイメージしていただくと自然葬がより明確になると思います。

「千の風になって」

海洋葬をした著名人も多くいます。

・ジャニス・ジョプリン-ロックミュージシャン
・立川談志-落語家
・hide-ロックミュージシャン
・横山やすし-漫才師

もっと一般的になってもよいのではないかと思います。

葬儀の選択肢の一つとしてどうでしょうか?

もちろん遺言なので銘記されている場合は積極的に考えてみるべきだと思います。

ただし、一般人にはなかなかどうしてよいのか方法がわからないと思いますが、請け負ってくれる業者もあります。

【シンプル葬の海洋散骨】


希望される場合はぜひ相談してみるとよいでしょう。




にほんブログ村
冠婚葬祭の情報がいっぱいです