お葬式でお父様を亡くされたご子息が立派に喪主を務め、参列の皆様にしっかりとしたご挨拶をされ、親族他の方々がご子息の成長に安堵する、というシーンを見られた方もおおいでしょう。

一般的に喪主を務める方は故人の「長男」「長女」「妻」などで選ばれることが多いと思います。
しかし重要なのは故人との縁の深さではなく、喪主とは今後「お墓」を受け継いだり、「法事」などを執り行うということ方であるということです。

よくある話なのですが、年老いた奥様が亡くなられた旦那様の喪主を行う場合、どうしても大勢の参列者の前で挨拶ができない、心労で挨拶できる状態ではないということがありります。
そのような場合は喪主のご挨拶にこだわるのではなく、親族者を代表するという形で喪主である奥様ではなく、お子様、もしくはお子様の配偶者の方などに代わってご挨拶していただくことも問題ありません。

本当に必要なものだけにしぼったシンプルなお葬式

喪主というと参列者に挨拶するのが気後れするという方が多いので、挨拶だけは他の方にお願いするとよいでしょう。

あくまでも葬儀中の挨拶が中心ではなく、今後の「祭祀継承者」という立場から喪主を選ばれるのがよいでしょう。

もちろん故人の意思で喪主の方が決定しているのであればその意思を尊重します。


にほんブログ村
冠婚葬祭の情報がいっぱいです