終活を行うのはご自分のためでもあり、ご遺族のためでもあります。

別にご自分が死ぬことを前提にするわけですが、それを考えて整理するだけでも大変に自分の人生を見つめなおすとても良いチャンスです。





エンディングノートは何回も書き直しても良いですし、間違いがあってもいいですので、必ず日付だけは更新しておきましょう。

数冊のエンディングノートがあるとどれを優先するべきなのかがわからなくなってしまいます。
a1180_005955

書き方がわからないという意見が多いとおもいますが、今は無料できっちりしたエンディングノートを送ってもらえますのでぜひ利用しましょう。

エンディングノート無料

終活、エンディングノートのポイント

・ 遺品について
・ 連絡先
・ 遺影
・ 葬式等の希望
・ 口座、保険などの詳細
・ 喪主

このあたりはぜひ押さえておきましょう。

あなたが死んだことでパニックになっていながらも、行わなくてはいけない事象に終われていく遺族がどれだけ楽になるか考えてみてください。

そして、あなたご自身の人生を見直せます。

そしてできることであれば、年一回は書き直すことをおすすめします。

遺影の希望や連絡先、保険などは変更されることがあります。

決して難しく考えることはありません。

書くべきことは全て準備されていますし、立派なエンディングノートが誰でも作れます。









にほんブログ村
冠婚葬祭の情報がいっぱいです