ご家族を亡くした時点で、冷静でいられる人はいません。

誰もが混乱し、悲しみ、今後の事をすぐに考えられる人はいないでしょう。

しかし、遺族はこれから多くのしなくてはいけないこと待っています。

つらいことですが、現実的なことも行わなくてはいけません。

そのときの少しでも手助けになればと思っています。

病院で亡くなった場合

特に遺族が指示することはありません。
ご遺体に関しては病院側に任せましょう。

その後、病院が葬儀社を紹介してくれる場合が多いです。
多くの人は病院の紹介の葬儀社を使ってしまいます。

その場合、葬儀社にはご遺体の搬送までを頼むのがベストだと思います。

家でお葬式を行う場合などはその葬儀社にそのまま依頼してしまうと他社との比較もなく、葬儀社のいいなりの金額になってしまいます。

ご自宅で亡くなった場合

この場合は家族が志望を決めることはできません。
医師、もしくは警察医が死亡を決めます。

ご遺体に関しては医師、もしくはその後に連絡した葬儀社が処置を行ってくれます。

葬儀社選びのツボ

病院や医師からの紹介の場合、金額的にはかなり高額な葬儀社になる場合が多いです。
病院、医師への契約料などが含まれた利益計算を行っています。

サービスがよいかどうかも疑問です。

もし、以前から知っている葬儀社や、決めている葬儀社がある場合はしっかりとそのことを病院側に伝えましょう。
少し落ち着いてネットなどで何社かの情報を取るのもよい方法です。
現在はいろいろな企業が葬儀を扱っているので、選択肢も多くなっています。
予算とサービスとの比較をして決定しましょう。

私の場合

私も知識がなかったので、家族が亡くなったときに病院紹介の葬儀社を使ってしまいました。
そして、遺体の搬送だけでなく葬儀に関してもそのまま、その葬儀社を使いました。
かなり高額になり、今から思えば無駄な出費であったと思います。
そのようなことは亡くなった家族の意に反することでした。
知識不足を反省しています。


にほんブログ村
冠婚葬祭の情報がいっぱいです