日本においては死亡が確認されてから24時間以内は火葬を行う事が法律で禁じられています。

以下が一般的なご遺体を安置する場所です。

① ご自宅
ゆっくりと故人とのお別れの時間をつくれる。

② 葬儀場
完備された施設は安心できる。

③ 寺院
精神的に安らぐことが多い。

④ 火葬場
経費、移動が少なくてすむ。

火葬場には安置所がありますので、直葬の場合は火葬場の安置所をしようすると経費的にも、移動効率も大変楽になります。

また遠いご親戚などの到着を待つためにご遺体をエンバーミング処置をしておくとご自宅でも数日安置することが可能になります。

ご自宅に帰りたかったであろう故人とのお別れの時間をゆっくりとしたものにできるのでご遺族にも安らかな時間を過ごしていただけます。

葬儀のやり方などと一緒に早急に決めなくてはならない事項の一つです。


にほんブログ村
冠婚葬祭の情報がいっぱいです